カテゴリー「趣味」の記事

2015年1月20日 (火)

♪レス・ポールギターの話♪

国産タイヤメーカーのスタッドレスは、やはり長持ちする。

今冬が4シーズン目やけど、まだ5分山位あるので来年もいけそう。。。(^^)

さて…

今日はギターの話(笑)。

今までに書いた「音楽」の記事で、『レスポール』という言葉がちょくちょくと

出てきていますが、音楽や楽器にさほど興味の無い方にとっては、『何じゃ、それ?』って

いう感じですよね。

この『レス・ポール』というのは、レス・ポール氏という、昔に実在した音楽家の名前で、

この人が発案したのが『レス・ポール』ギターなんです。

はい、これがレス・ポールギター↓

Photo
で、あの『Gibson』社が約60年程前から自社ブランドとしてレスポールギターを発売し、

現在に至るわけなんですが、このレス・ポールギターがハードロックにも使えることを、

自分達世代に知らしめたのが~そう、この人↓

Photo_2
♪スラッシュ (exガンズ&ローゼス)

ウッドフィニッシュのレスポールを腰より低く構え、レスポールの音色の良さが

最大限に伝わる『プラグイン』でロックンロールを演奏し、一躍人気になりました!

この人が使いだしてから、色々なギタリストが真似てレスポールを使うようになったな。

独特のやわらかいトーンが出るんです、これ(^^)

では、レスポール&スラッシュの魅力が満載なこの名曲を…

ガンズ&ローゼス November Rain♪

このライブは約23年前のエルトン・ジョンとのコラボLIVEバージョンですが、

レスポールを低く構えてひきまくる若かりしスラッシュ…

曲とともに、良いです(^^)

2013年7月 2日 (火)

☆クラウン・スカイライン??

( ´_ゝ`)ノボンジュール♪

今日も、クルマ好きなこの方の動画を。。。

この方はほんと色々やってくれますね~(^^)

今から50年程前、N産と合併する前にあった「プリンス自動車」の時代に

発売されたスポーツカー「プリンス スカイライン(型式 S54B)」に、

最近のクラウンの動力系(エンジン、ミッション)を全て移植した究極の旧車です♪

画中にもありますが、これは『改造』ではなく、まさに『製造』のレベルですな…

このスカイラインの形がどうしても好きだ!!

が、当時の動力系のままだととてもじゃないが安心して乗れないという事で、

外見はプリンス・スカイライン、中身はクラウンにしたそうです。

確かにこのS54B、箱スカやケンメリには無い「乗用車」の雰囲気があってオサレ…shine

510ブルやサニーのような小柄な車体のおかげで、取り回しもすごく楽そうですね~。

車重も軽いので、超~軽快&快適に走りそうですdash

内装は旧車の雰囲気をオサレにした感じで、これまた(*^ー゚)bグッジョブ!!

まさに『羊の皮をかぶった狼』ですな。。。

最近は、所さんのような「旧車に新しい動力系」を積むカスタマイズを得意とする

お店が結構ありますが、それだけ旧車の形が現代でもカッコ良い!と思う人が

多いという事でしょうな♪

自分も50代~60代位になったら、オサレに『R30&R31スカイライン』を

カスタマイズして乗りたいなぁ~(^^)

R31
いいっすね!このカクカクがgood

2013年4月30日 (火)

☆昭和の名車・Y31シ―マ

(。・ω・)ノ゙ コンチャ~♪

今日は久しぶりにクルマの話!

『シ―マ現象』…

知る人ぞ知る、懐かしい流行語ですよねぇ~goodwink

初代 『Y31シ―マ』は昭和63年にデビューし、いわゆる『バブル絶頂期』の

追い風もあって、売れに売れました。

自分がN産に入社した時に先輩から聞いた話では、当時の営業マンは飛びこみ営業や

売り込みに行かずとも、ショールームで待っているだけで、この約500万円もする

高級車がびっくりする位にポンポン売れていたそうです。。。時代ですなdash

確かに当時は社長クラスの中高年のオーナーが大半でした。

『バブル期』というデビューした時期に恵まれた事もありますが、

それとは別に、このクルマが売れた大きな理由とは…!!

それは、ジャガーに似た外観と、高級車らしからぬ豪快な動力性能だと思いますshine

青信号になって発進する時に、リアサスを大きく沈み込ませながら発進する姿が

すごく有名でしたし、ある意味、これが初代シ―マの醍醐味でした♪

他社の高級車のような『静かに優雅に…』というようなイメージは、このシ―マには

全くの無縁でしたな…(笑)。

車重が約1.7㌧あっても、エンジンが255馬力のVG30ツインカムターボ

(上級グレードのみ)を積んでいたので、少しスロットルを開けるだけで

暴れん坊な加速をしましたし、それとは逆に、足回りはフワフワ感満載のエアサス

(故障が多かったですが…sweat02)で、柔らかい乗り心地も人気要因でした(^^)

このようにデザインも動力性能も個性的なので、最近になって中古車市場での

人気が再燃しているみたいなんですが、

この初代シ―マを若くして購入し、その後虜になり、20年以上も乗り続けている

『意外な方』が居るのを最近知りました(^^)

それは~↓

Photo

そう、かの大映ドラマのヒロイン役で人気だった、『伊藤かずえ』氏です!

BSで放映されている、『おぎやはぎの愛車遍歴』という車番組に

以前登場されたようなので、ぜひ一度見て下さいgoodwink

『右足一つでクルマの状況が分かる…』

20年以上のオーナーが発する言葉だけに、重みがありますね!

それにしてもこの方のシ―マへの溺愛ぶり…シ―マ君も嬉しいでしょうな。。。shine

人と同じく、車との出会いもまさにご縁ですね~(^^)

2013年4月 4日 (木)

★懐かしの8耐~鉄馬ハーレーの巻★

(。・ω・)ノ゙ コンチャ~♪

最近、色々な検索ワードからこのブログに来て頂く方が増えてきまして…

80年~90年代の車&音楽好きな方も多いようで、いや~嬉しいですねぇ~(^^♪

誠にありがとうございますshine<(_ _)>

そんな感動の中、今日は初めて『2輪』の話を。。。♪

えぇ…自分、二輪も大好きなんですgoodwink

まだ二輪の免許は持ってないんですが、兄貴が二輪好きだった影響で

小学生の頃からバイクも非常に好きでした。

バイクのプラモデルを作っては、今は亡き親父に当時よく見てもらってました(^^)

そう!!

市販車では、当時ヤマハの『RZ350』が750キラーと言われてたのも超有名!ですが、

その後、ホンダのNSRやスズキのガンマ、ヤマハのTZR等…

今の時代、排ガス規制で新車では買えない2ストのマシンが人気でしたね。

それと『鈴鹿8時間耐久レース(通称 8耐)』…

日本人ライダーの平忠彦氏が、かの有名な『TECH 21』カラーのヤマハで

走っていた姿を思い出します…↓

Photo

ん~カッコ良かったなぁ~shine

その他にも、ケニー・ロバーツ、フレディ・スペンサー、ワイン・ガードナー、

ケビン・シュワンツetc…

この当時の8耐マシンはまだ750ccだったのかな…??

うる覚えですが、これらのライダーのマシン&走りがすごく印象的でしたgood

あ!!

当時の大人気ドラマ『西部警察』に出ていた舘ひろし氏が乗っていた、

『GSX1100S刀(通称 カタナ)』もめちゃめちゃカッコ良かったですねぇ~shine

Photo

カタナは、今も昔も「いつか乗れたらなぁ~」と恋こがれる単車です!

やっぱ、クルマも単車も90年以前が楽しくてよろしいなぁ~shine

ただね、このバイクはかなり前傾姿勢になるので、バイク屋さんでまたがった時に

お腹が…うっ。。。非常に苦しく(笑)。

乗りたいなら、ますはもう少しお腹の肉を減らさないとだめそうです…はい(笑)。

それはともかく…

友人の中にはバイク乗りが居るのですが、そのうちの一人がハーレー好きで。。。

一言でハーレーと言っても、大きさやタイプが多種多様あり…もちろん価格も幅広く。。

独自の鼓動感を出す為に考えられたV型エンジンも人気の要素の一つです。

ちなみにその友人は、以前はこれに乗っていました↓

Photo

★スポーツスター1200★

スポスタは、ハーレーの入門編というか、一番ベーシックと言うか…

ハーレーの中でもかなりコンパクトなので、老若男女問わず人気がありますよね~♪

以前、またがせてもらった事があるんですが、自分には小さく感じました。

で、その友人がつい先日…!!


Photo_2
★ハーレーダイナ  ロー★

スポスタの定期点検でふとバイク屋さんに寄った時に、このダイナがあったらしく…

で、一目ぼれし、あまり考えずに即決してきたそうです(笑)!

このダイナ、まさにハーレーらしいというか、ちょい悪な感じというか…

ローフォルムも実にいいですよねぇ~goodwink

ちなみにエンジンの排気量は1,450ccなので、1,200ccのスポスタよりも

かなりトルクフルだそうですよ♪

1450ccて…軽四の倍以上のエンジンですな…dash

二輪乗りの方はこれからの季節、ツーリング最高でしょうね~shineshine

2013年3月28日 (木)

♪福助さん&今宵の逸曲~★

(=゜ω゜)ノぃょぅ♪

最近も、季節の変わり目らしい寒暖の差が激しい日が続いていますね~。

先日、三河安城のほうへ出掛けてきましたが、あちらのほうは

まだ桜はつぼみ~3分咲き位でした!

Photo

でも、今日の暖かさで一気に咲いたかもしれませんね~cherryblossom

で…

その安城への旅の道中、こんなカラフルな絵を発見しました!

Photo_2

これ、少々おめかしされていますwinkが、ご存知『福助』さんです(^^)/

とある小学校の校舎横に書いてあったんですが、あまりのチャーミングさに

思わずパチリと…(^^)

校舎に落書きみたいな感じで、遊び心がいいですねぇ~♪

でも、なんで福助さんが…??とあまりに気になったので、帰って来てから調べたところ、

この安城の『桜井』という地は、昔から『福助凧(桜井凧)』という凧が有名だそうです!

なるほど~それでか!納得(^^)

では、今日も内容とは全く関係ないこの曲でいきましょbleah

♪nickelback    gotta be somebody ♪

本日の逸曲は、この日本でも人気のニッケルバックです♪

このバンドについて簡単にご説明すると…

カナダで結成されたバンドで、今までに出されたシングル&アルバムの累計枚数が

全世界で約5,000万枚!を記録しているロックバンドなんですshine

(ちなみに日本のB´zの累計枚数は約4,500万枚との事…これもすごい!)

彼らにはこの曲以外にも有名曲がたくさんあるんですが、自分は何故かこの曲が

大好きで…

基本、ヴォ―カルのチャド・クル―ガ―の声が好きなんですが、

この曲自体のスケールの大きさ&メロディの優しさ&ハモりのよさが耳に残り…

まぁ~とにかくいい感じなんです(^^♪

ちなみにマメ情報を一つ…

チャドは、この日本でも人気の歌姫『アヴリル・ラヴィーン』の婚約者ですよgoodwink

2013年3月23日 (土)

♪今宵の逸曲~オリアンティ♪

( ´_ゝ`)ノボンジュール♪

今日は久しぶり!にロックでいきましょかshine( ̄ー ̄)ニヤリ↓

Photo

彼女の名前はオリアンティ・パナガリス♪

オーストラリア出身の女性ギタリスト&シンガ―ソングライターで現在28歳です。

実は彼女、あのマイケル・ジャクソン氏が2009年に亡くなる直前に予定していた

ツアーのギタリストとして抜擢されていた、凄腕ギタリストなんです♪

スティーブ・ヴァイ氏(ex ALCATRAZZ~Whitesnake)等との共演も

既に果たした事があるそうで…。

彼女、6歳からギターを始めたようですが、カルロス・サンタナ氏らに影響を受けて、

その後はハードロックやへヴィーメタルを聴きながら育ったらしいです♪

ルックスも若かりし頃のアンちゃん(アン・ルイス)に少し似た感じで

ワイルドかつキュートですよね(^^)↓

♪オリアンティ  FROZEN♪

この曲はつい先日リリースされたばかりのアルバムからの逸曲なんですが、

テレビの番組でありながら、ばっちり生ギターを弾きまくってます♪

彼女の曲の中でもかなりブルージ―であり、ギタートーンが懐かしい感じでもあり…

リフ&フレーズもジミ・ヘンドリックスっぽいところもあって、

久しぶりに『お~っ♪なんか懐かしいねぇぇ~good』と気にいった曲ですshine

彼女の歌と、自ら弾くギターとのユニゾン(斉唱)もいい感じでハマってます(^^♪

アコ―スティックな弾き語りも素晴らしいですが、

たまにはこういうワイルドな弾き語りも…よろしいですよなぁ~shine

今後の活躍に要注目です(^^)/

2013年1月21日 (月)

☆距離感の重要さ。。。

(=゜ω゜)ノぃょぅnote

この間、こちらのお店へ伺いました~(o^-^o)

Photo_5

☆津市  樹(いつき)花工房さんnotes

こちらの花屋さんは『三重県総合文化センター』近くにある花屋さんですclovertulip

前々から妻が行きたいsign01と言っていたお店なのですが、

今回ようやく伺う事が出来ました(◎´∀`)ノ

店内には、今までに見た事の無い種類の花がたくさん並んでいて、めちゃオサレ。。shine

ご店主さんにアレンジをお願いし待っている間、ふと駐車場に目をやると、

何やらゴソゴソと動く物体が。。。sign02


Photo_7


OH~sign03こりゃまぁ~、かわいいウサギさんではないかっnote( ̄▽ ̄)

でも、何でこんな屋外にウサさんが…sign02

早速ご店主に伺ったところ、このうさぎさん(ラテちゃんという名前だそうですgood)は、

屋外(お店の駐車場)で放し飼いにされているそうで、自由気ままに暮らしているそうなnotes

お客さんのクルマの出入りの際はちゃんと避難するし、店の前にある市道にも

出て行かない安心出来る子だそうです(o^-^o)

『お客さんの顔を見て、安心すると寄ってきますよ~wink』と言われたので、少し(かなりbleah

期待して座って待っていましたが。。。

結局、適度な『距離感』を保られたまま終了~sweat01チ―ンdash(ρ_;)

でも、本当にかわいかったですshine

この子自身が、この環境をすごく楽しんで暮らしているのが見ていて分かりましたnote

いや~、小動物好きの自分にはたまりませんでしたな…wink

アレンジフラワーもご店主の優しさ&きめ細やかさがすごく伝わる素晴らしい作品でしたshine

楽しかったな~ありがとうございました(^^♪

2013年1月15日 (火)

♪白蛇伝説~ホワイトスネイク♪

´ω`)ノドモnotes

今年は『ヘビ年』っていう事で、このバンドのご紹介を~(◎´∀`)ノ

♪Whitesnake  Give Me All Your Love ♪

ハードロック好きな方なら恐らく誰でも知っているであろうスーパーバンドですshine

自分が人生で初めてライブを見に行った洋楽バンドでもありますsign01

このバンド、自分が中学3年の時に行っていた塾の講師が音楽好き&バンドマンの人で、

勉強そっちのけですごく仲良くしてくれ、自分が高校へ入学してからレインボーホールに

ライブに連れて行ってくれた思い出深いバンドで。。。( ̄ー+ ̄)

この動画はまさにその当時のメンバーですnotes

当時(1987年頃)は空前のバンドブームで、好きな洋楽バンドも多かったのですが、

ライブを直に見に行ったという事もあり、今現在も飛びぬけて好きなバンドです。

ボーカルのディヴィット・カヴァデ―ルの歌唱力&ルックス&カリスマ性はもとより、

メンバー一人ひとりの演奏力&ルックスも相まって、この時に出したアルバムは

アメリカだけで1,000万枚というビックセールスを記録し、今でも売れ続けているそうな…

この当時に加入した、ヴィヴィアン・キャンベル(ex DIO~現 DEF LEPARD)も

非常に懐かしいですねぇ~(o^-^o)

そして何より、ドラムのトミ―・アルドリッチの要塞のようなドラムセット&演奏力にも

度肝を抜かれた覚えがありますshine

♪HERE Ⅰ GO AGAIN♪

これは比較的最近の動画で,彼らの代表曲の一つですnote

ディヴィットはもう還暦前ですが、どうです、この歌唱力&色気(笑)sign03

メンバーは上の時期とはガラリと変わり、トミ―以外は新メンバーです。

この新メンバーの中でも、ダグ・アルドリッチ(ex LION)が非常に好きで…

Photo_4


この人、ご覧の通りのレスポール弾きなんですが、ハイポジションを弾く時にも

親指を一切出さない、いわゆる『クラシックポジションpaper』で弾くんですsign03

これ、めちゃ弾きにくいと思うんですが、彼はそれを楽々と弾きこなすんですよup

いや~いいですね、ダグgoodwink

現在は、残念ながら初期の頃からのメンバーだったドラムのトミ―が脱退してしまった

ようですが、今でもバンドは現役で続いていますnotes

還暦前でもロックし続けるディヴィットを始め、いい歳の取り方をしている各メンバー…

ん~カッコイイですなshine(*^ー゚)bグッジョブ!!

2013年1月10日 (木)

★勝手な名車シリーズ★

( ´_ゝ`)ノボンジュール♪

突然ですがsign03いいでしょ、このクルマcardashヽ(´▽`)/

Mini

☆ミニ ERAターボ☆(平成2年頃のクルマ)

これは先代のミニクーパーの限定車で、当時350万円位のビックリeyeな販売価格でしたsign03

ノーマルのミニにオーバーフェンダーやエアロを付けてかなりカッコ可愛く、

逆にエンジンはキャブレター+ターボtyphoonでかなりのじゃじゃ馬な乗り味だったようですhorsedash

最近のミニはボディがだいぶ大きくなって、オサレ度も一段と高くなりましたが、

この頃のミニは『ミニ』らしくていいですねぇ~notes

但し、この頃のミニはエンジンルームに殆ど隙間が無く、熱対策が必須sign03のようで、

オーバーヒートやオイル漏れが多かったようです…

会社の先輩も趣味で乗っていましたが、オイル漏れには苦労していましたsweat01

でもsign03そんな事は織り込み済みで買うんですよね~クルマ好きの人ってnote

今でも非常に人気があって、男女問わず乗られているのをよく見かけます(^^)

実は自分も過去に一度ミニに乗る機会があったんですが、あまりの室内の狭さ&低さに

完全に『マ○オカート』状態になり、一緒に居た友人達に腹を抱えながら

大笑いをされた記憶があります。。。crying

外から見たら、まさに『一人すし詰め状態』だったんでしょうなぁ~sweat01(^-^;

で、もう一台shine

Figaro

★N産 フィガロ★(平成3年頃のクルマ)

このクルマ、今見てもめちゃオサレですよね~ヽ(´▽`)/

この当時のN産は、このクルマも含めておもしろいコンセプトのクルマを次々に発売し、

それぞれ今でもマニアには人気なようですnote

このフィガロのコンセプトは、『日常の中の非日常』。。。

ベースはマッチのマーチ(笑)なんですが、そのマーチとは全く違う外装で、

パーツ一つから専用品が多く、非常にお金が掛かっていたクルマでしたrvcar

発売当時、N産で働いていたので乗る機会が結構ありましたが、

まずこのクルマはオープンカーにする事が出来て、なお且つ内装が当時あまりなかった

鉄板むき出しのクラシックデザインだったり、純白の細いハンドルだったり、

純白の高級皮シートを使用したりetc…

何かと非常に凝ったデザインのインテリア&エクステリアでしたsign03

で、外観はこんなにキュートなのに、実はエンジンは硬派な『1,000ccのターボtyphoon

なので、結構力強く走る事が出来るんですsign01

見た目キュートだけど、『ヒュイ~ンtyphoon』とターボの過給音をさせながら軽快に走る…

このギャップもこのクルマの人気な部分かも…shine

こんなクルマを『プラモデル感覚』で乗れたら、すっごく楽しいやろなぁ~note

2013年1月 6日 (日)

☆くう、ねる、あそぶ☆

(。・ω・)ノ゙ コンチャ♪

今日はクルマのお話を。。。

自分は高校を卒業してから、N産系のディ―ラ―で数年間整備士をしていましたscissors

何故、世界のTタではなく、N産を選んだのか…

実は今は亡き親父も過去に働いていた時期があり、実兄に関しては

高校卒業後から現在もN産で働いており、家族揃ってN産車が好きだったんですヽ(´▽`)/

確かに…

N産のクルマは昔からTタの車に比べると、外観もん~~なんだかなァ…downって感じの

クルマが多いし、内装も、(´・ω・`)ショボーン。。。sweat01っていうクルマが多かったんですが、

N産の最大の魅力はまさにクルマの『心臓heart02』  そう、エンジンなんですflair

クルマ好きじゃない人でも絶対知っているはずsign02の『スカイライン』…cardash

このクルマのモデルチェンジ時には、

『レースに出て勝つためup

『国内外のスポーツカーに性能で負けないsign03ために、

その当時のN産の技術を結集したエンジンが常に積まれており、

ハイパワーthunder&壊れにくい&音が良いnotesの、『3拍子』が揃っていたような気がします。

最近どこの新車にもあまり載せられなくなった『直列エンジン』は特に最高でしたshineshine

箱スカやフェアレディZに積まれ、40年以上経った今でも人気な『L型』から始まり、

自分も大好きshineだったR30スカイラインRS等に積まれていた専用エンジンの『FJ20』や、

当時爆発的人気だったS13シルビア等に積まれていた『CA18』、

その後継のS14等に積まれたSR系の4発(気筒)エンジンも非常におもしろかったし、

あとは…

まさにN産の最高傑作と勝手に思う(笑)、R32GT-R等に積まれていたRB26の

RB系エンジン…

N産の直列エンジンは、それぞれのエンジンでそれぞれの性格が存分に楽しめましたgoodwink

最近はECO省燃費&CO2削減運動でこのようなエンジンが無くなってしまいましたsweat01が、

ん~~…

やっぱりクルマは出来る限り『五感shineで楽しみたいなぁ~note(* ̄ー ̄*)

♪くう ねる あそぶ♪

当時、自分も含めて、この陽水さんを真似る子がめちゃ多かったなbleah

その他のカテゴリー

フォト
2016年10月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ